Home > 大阪のリフォームの他の地域にはない特徴

大阪のリフォームの他の地域にはない特徴

大阪でリフォーム工事が行われる際には中には依頼内容とは違うところまで工事を行い大きな請求額を提示されたり、工事が未熟であったりデザインにセンスが欠けるといった問題も起こりえます。このようなことのないように一定の水準でしかも同じ工事内容であればほぼ同じ費用になるということに落ち着かないと依頼する方も不安になります。依頼の仕方には地元の業者に依頼するとか家を建ててもらった当時の業者に依頼する、あるいは複数業者が参加する無料の見積サイトを利用してその中から一番安い額を出してくれたところに依頼するという方法もとれます。それでもいざ頼もうとすると業者が見えなくて不安もよぎるということも多いものです。それはどのような会社も自由に営業活動が行えるという現状からは一面しかたないことではあります。

問題のない業者を見つけるには方法はあるのか

大阪でリフォームを行うには部分的なリフォームの場合とリノベーションといった大掛かりな改修工事の場合があります。後者の場合には大体新築する場合と同じ程度の技術や知識を必要とします。よって部分的な工事を請け負って来た会社ではその法規的な意味合いとか耐震にかかわる専門知識を持ち合わせていない場合には適切に工事が進められないことになります。そして例え規模が異なっても施工水準や精度は一定以上のものが要求されることになります。そしてこれらのことを業者任せにしておくことは合理的とは言えず何らかの制度が必要になると考えられます。このような経緯から大きな資金を使う工事では悪質業者を締め出す意味から独自の登録制度が設けられています。これは府が認定した第三者機関が業者としての承認を与える制度です。

登録制度に関する内容については

大阪でリフォームを行うには問題も生じやすいために上記のような登録制度が設けられることになったものですが、その登録要件についてはあまり知られていません。例えば府の進める耐震化支援事業においてはその普及啓発と安心してこれらの工事が行えるように登録において次のようなことが必要となって来ます。府の消費者条例に規定する自主行動基準の届出や公示が成されていることや建築士事務所の登録が成されていることがあげられます。さらに府の規定する方法による耐震診断の実績を持ち、耐震改修設計の実績があるなどがその内容になっています。入札参加停止処分を受けたり談合等の不正行為が行われた業者、暴力団排除措置の対象者などは登録できないことになっています。あと法人税や事業税の滞納者もこの対象には含まれないとされています。よって府の公式ホームページに公示されている業者は信頼でき問題のない業者と判断されるものです。