Home > 実際に大阪でリフォームを行った方へのインタビュー

実際に大阪でリフォームを行った方へのインタビュー

実際に、大阪で自宅のリフォームをした人のインタビューをする場合には、大阪のどの辺の地域にインタビューするか迷うところです。一般的には中心地やその近辺がよいでしょう。なぜかといえば、単純にその周辺は人口が多いからです。中心地の半分近くの人口占めている大阪市とその周辺の地域は、リフォーム業者もたくさんあります。リフォーム業者を選ぶにあたっては、やはり比較する視点が大事ではないでしょうか。あるいは、すでになじみの業者がある場合や口コミで用意業者を紹介してもらった場合は、その業者に決めてもよいかもしれません。しかしお金がそれなりにかかる以上は、失敗は許されません。かなりしっかりとした業者に選ぶのが一番満足度の高い結果になるのではないでしょうか。

周辺地域の特徴をよく知ることが大事

リフォームをするときには、周辺地域の情報をよく知っておくことが重要になります。もちろん実際にそこに住んでいる人であれば、その地域の情報について詳しいでしょう。新しく引っ越してきた場合には、引っ越してきたと同時に家を新しくすることもありますが、その時には必ず周辺の情報を調べていくことが大事なります。例えば中心地であれば、基本的に住宅の敷地面積は狭いのが特徴です。敷地面積が狭い場合には、できるだけ太陽光を室内に入れたいでしょう。田舎のほうであれば都内の家までの距離が遠いため、特につくりにこだわらなくても太陽光を入れることは可能になりますが、中心地になると、隣の家がすぐそばにあるため、太陽光を入れるのが大変なのです。そこで、一つの方法としては吹き抜けにしてしまい、上の方に窓をつけると太陽光が入ってきます。

人通りや車の多い都会では防音対策が意外と大事

では、ほかにその地域の特徴や問題点はないでしょうか。大阪の中心部であれば、人通りの多い所や車の多い場所も決して少なくないです。住宅がひしめき合っているところなどでは、人の声などもよく聞こえてくるのではないでしょうか。本来人間は騒がしい所よりも、静かな所にいた方が落着いて暮らすことができます。このように考えると、できるだけ静かな環境に住宅を変化させていくことが重要になります。そこで、壁に防音シートなどを入れるとよいでしょう。防止シートといってもホームセンターで売っているようなものではなく、本格的なものを業者にお願いをして入れてもらうのです。また、サッシがある程度古ければ、サッシから入ってくる音も多くなりますので、防音性の優れているサッシに変えてみてもよいかもしれません。